JCSSの概要や詳細に関する事柄

JCSSは計量に関する法律に基づいてトレーサビリティの制度を表し、登録の際には審査を受ける必要があります。審査を受けて登録することができた場合は校正証明書を発行することが可能になります。登録における区分には圧力や熱伝導率、振動加速度などが挙げられています。

計量器で測定した値が信頼できるものであるためにはJCSSの校正を行うことが必要です。当サイトでは登録事業者における申請やそれにかかる手数料、試験に関連する事柄が掲載されています。また試験に関連する事柄においては、試験の項目や申し込みの期間も記述しています。

登録事業者の登録などにおける区分や計量器の種類の閲覧ができるようになっていることから、比較が可能です。JCSSに関係のある質問の答えや初めて利用する方々でも理解できる知識が書かれているので、ご活用ください。

JEMIC

現場や研究室で利用する圧力計などの確かな校正を受けたいが、どこに頼めばよいのか分からないという人もいるかと思います。そんな人たちにお勧めなのがJEMICです。ここは、JCSS基準に基づき、あらゆるメーカーの圧力計などの校正に対応している信頼出来る技術力を持っています。

非常に高い精度を求められる機器から、現場レベルで利用されるものまであらゆる精度の物に対応しているというのもここの強みと言えます。その機器などに応じて必要な校正を行ってくれる安心感というのはここならではと言えるでしょう。

ここは、色々なメーカーの影響力を受けず、完全に公正・中立な校正を行ってくれる機関として各所の信頼も厚いです。圧力計に限らず、対応しているものであればここに任せておけば大丈夫という信頼を勝ち得ています。

株式会社双葉測器製作所

株式会社双葉測器製作所は、重錘形圧力天びん・液柱形圧力計などの圧力標準器製造および校正を行う企業です。平成13年2月に重錘形圧力天びん及び液柱形圧力計、平成14年3月にはデジタル圧力計及び機械式圧力計について、計量法校正事業者認定制度(JCSS)の認定を取得している、日本でも有数の校正事業者です。

当社には、校正機関の国際認定基準(ISO/IEC17025)に基づいた校正室が2室あります。それぞれの校正室では、圧力計を温度や湿度、気圧などを変化させた様々な環境条件下での校正を行っており、厳しく高精度な品質保証体制を確保しています。

主な納品先企業は独立行政法人製品評価技術基盤機構や防衛省、気象庁、東京都計量検定所及び各都道府県計量検定所など、厳密に校正された計器を要する各企業が対象となっています。

大手技研

創業昭和51年の株式会社大手技研は、計測やシステムコンサルタントなどを事業とする会社です。また圧力や質量、それに温度区分にてJCSSの校正事業者としても登録されているため、JSCCの校正サービスも提供されています。

JCSSによる圧力校正の依頼は問い合わせから始まり、公式サイトからダウンロードできる校正作業の依頼票に必要項目を記入して提出すれば、費用を見積もってくれます。金額などに了承した場合は申し込み、校正してもらう品を持ち込み、もしくは配送すればOKです。作業が済みましたら、校正証明書を添えて納品してくれます。

大手技研への問い合わせは電話のほか、公式サイトの専用フォームからも可能です。その場合は原則として、3営業日までに担当スタッフが連絡してくれることになっています。

株式会社ナガノ計装

主にJCSS校正を展開している株式会社ナガノ計装は、様々な計測機器のJCSS校正に対応しています。天秤や圧力計といった計測機器には、幅広く対応しています。対応機種が多くあるので、とても便利といえます。

また、スタッフが非常に親切かつ丁寧という点でも人気があります。JCSS校正はやや専門的であり分かりにくいところがありますが、この会社のスタッフはそんな分かりにくいことでも、理解しやすいように親切に説明してくれます。

そしてこの会社ではコストカットを徹底しているため、価格が非常に魅力的な点も特徴として挙げられます。近年は企業経費の節減に取り組む企業も多くありますが、そうした企業に対応して、比較的リーズナブルな料金体系となっています。

旭計器工業株式会社

旭計器工業株式会社はJCSS校正を行っていて、また納品において打ち合わせや依頼した内容に関するチェックを行うという特徴を持っています。見積もりに関する書類の提示だけではなく、その仕様書の作成を行う場合があるとされています。

複数の業種にわたって製品が導入されているという点も旭計器工業株式会社の特徴です。具体的に言えば、石油化学工業やアミューズメント産業などが挙がっています。その中には食品工業も含まれていて、圧力を計測するために旭計器工業株式会社の製品が使われています。

地球環境に対する取り組みを行っているという特色があり、ダウンサイジングもその一つです。計器のサイズを小さくすることによって、エネルギーの無駄遣いを減らすことができます。

日本校正センター

圧力計や力計それに長さ計など、多彩な校正業務に対応するのが日本校正センターです。JCSSの認定も取得されており、JCSS校正も任せられます。各校正サービスの相談などは公式サイトから行えるほか、専用フォームなどを使って見積もりを依頼することも可能です。

校正作業を依頼した場合、校正対象の品を受け取った後、実働期間として10日間以内に校正証明書を発行して返却するのが納期の目安となっています。また、JCSSの校正サービスは自社内の校正室だけとされていますが、現地校正サービスも提供しているのが特徴です。

問い合わせは電話でも可能となっており、受付時間は祝日を除く月曜日から金曜日の9:00から18:00です。校正サービスの依頼は電話やネットのほか、ファックスでも受け付けられています。

ISO17025は圧力JCSSの試験でも対象になっている

今回の記事でお話をしていく、圧力計器類を対象にしたJCSSの基準でも採用をされている、ISO17025に関しての内容になりますが、これ自体は圧力関係の校正試験には限らず、あらゆる質量・長さ・範囲・音その他幾つかの大きさのあり方を測定するための、国際規格の基準の1つでもあります。そして、校正機関や校正測定試験所とかが、実際に校正試験を行う場合において、その能力がある事を第三者機関としての立場で証明する事に関しての要求事項の規定をした内容になっている仕様です。こうしたISO17025という国際規格の一基準でもありますが、実際に世界各国毎により校正試験の基準が現在でも異なるところが少なくはありません。なるだけそうした仕方ない現状を踏まえたうえで、世界的規模で合一化をして合理的な測定作業をやりやすくしていくために、この同規格が生まれた理由がありました。

これは現在でもこの日本国内でも地域によってはある現状でもありますが、先の段落でもお話をしたISO17025では無くて、旧式であるISO9001の品質マネジメントシステムを未だに設定をして校正試験を行っているところが少なくありません。そうしたところでは、技術能力面においての審査自体がなされたりしていないような状態ですので、そのような理由から、正確な校正結果による認定を受けたりする事が出来ませんので、その点に注意が必要です。今回の記事のテーマは圧力面でのJCSSにおける校正についてになりますが、ISO17025の認定を受けているところである試験所などは、ISO9001と同じ技術能力や品質管理体制などが認められているので、校正試験を受けやすいといったメリットが確かにあります。

それでは、圧力測定分野でのJCSSの一般的な内容について、ある程度触れていく事にします。重錘形圧力天瓶や液柱形圧力計、デジタル圧力計、機械式圧力計その他、幾つかの測定機器類が存在しているような現状ですが、測定対象状態なども、液体・気体といった違いやゲージ圧力面での基準設定面での値の違い、等々、様々な面における測定時での校正範囲のあり方があります。中々、事細かな校正測定基準としての内容についての設定がなされているようなところがありますが、そうした複雑さがある分だけに、正確性の高い効率的な校正試験時においての測定作業をしていく事が可能になっていますので、ISO17025の規格環境下においての信頼性のある測定値による試験クリアが可能です。そして、こうした正確性の高い校正試験による測定の実現が可能である分だけに、これからももっと精度の高い校正試験認定がなされていけるようになるものと思われます。

カテゴリー