top > 圧力のJCSSについて > この国での圧力関連のJCSSについての世論の見方

この国での圧力関連のJCSSについての世論の見方

 今回の記事のテーマでもあるJCSSというものは、その正式名称が日本事業者登録制度というものなだけあって、一見すると、公的な機関である独立行政法人にあたる、経済産業省の管轄下にある製品評価技術基盤機構という組織が運営をしていて、提携事業者や法人などへ全国各地で実施をさせている校正測定試験制度を通じた、検定登録制度でもあります。
そうした実施主体そのものが、実際には国がやっている同検定制度という実態がある事になりますが、正直、世論としてはやはり、様々な見方や意見なども、決して少なくはありません。
中には実際に校正事業者として、同制度での校正測定試験のほうを受けてみて、今まで中々通らなかった、あるいはスムーズに通った後でも正直、何とも言えないところがあるなどといった意見なども報告をされたりしているところがあります。

 さて、今回の記事では圧力方面でのJCSSについての世論の見方という内容になります。
こうしたテーマでお話をさせて頂く形になりますが、現在の圧力分野でのJCSSでは、校正範囲と最高測定能力のそれぞれを、関連法令にある規定に基付いて指定をされた、液柱型圧力計・機械式圧力計・デジタル式(電子式)圧力計・重錘形圧力天秤、これらの4つの計測機器類の種類によって測定をしてみて、その結果を校正測定試験の際に反映をさせていき、実際に検定合格に値するのかどうかといった事を確かめていく形になります。
そのような形で合否に関しての判定を、実施主体である製品評価技術基盤機構によりなされていくといった形になりますが、気体・液体での状態環境、あるいはそれら以外での、液柱型圧力計での水柱・水銀柱などの測定環境で、計測をされる形の上で行われていく状態なので、それを現場にいない同機構の関係者による判定がなされたりするのはどうか、などといった疑問の声も、決して無い訳ではありません。

 平成5年から同登録制度はスタートをして、全ての日本国内においての質量測定面での登録制度として、その途中で幾度かの運営部や制度内容における改変・再編成などがあったりして、今日まで実施されてきたような形です。
圧力方面での場合、その時代の推移と共に、計測機器類で採用をされている先程の本文2の段落でもお話した、計4つの各機器種類での測定作業といった形になりますが、正直、審査の基準自体も幾ら、ICEやISOでの17025といった国際基準に基付いたものではあっても、その内容自体に中々、校正試験や審査を受ける側である校正希望事業者側には関連情報が把握しにくい、分かりにくい、などといった声もあって、今後もそれが課題になっていくものと予想がされたりするところが無い訳ではありません。
これからどうなるかは分かりませんが、測定対象である計測機器類の仕様や性能が発達していけばいく程、こうした課題には新たなものが加わっていく事は不可避なところがあります。

カテゴリー