top > 圧力のJCSSについて > JCSSでの圧力測定用のエアーピストンゲージ式重錘形圧力天秤

JCSSでの圧力測定用のエアーピストンゲージ式重錘形圧力天秤

 重錘形圧力天秤と言えば、我が国日本国内で行われているJCSS(日本校正事業者登録制度)での校正測定試験で用いられる際の、計測機器種類の1つでもありますが、その中でも近年開発・製作をされて、最近になりとくに、校正登録試験の検定で合格面において結果反映がなされている点で高評価のある、「エアーピストンゲージ式重錘形圧力天秤」についての、全体的な概要について、今回の記事では触れてみます。
このエアーピストンゲージ式のタイプは、気体圧力の測定環境で用いられる仕様の類にあたるものですが、エアーピストンを用いて数値を測定していく基本仕様設計・構造からなる類の測定器種類です。
その機器本体の種類毎によっても、測定をしていく対象圧力の種類が異なりますが、校正試験の検定をクリアをしていくといった点では、全ての種類が共通をしています。

 まずは、5kPaから500kPaの気体圧力を測定出来るタイプのものについて、今から触れてみます。
同タイプであるものの場合、ピストン・シリンダーを使用して安定した発生圧力を利用して、0.01以上の精度からなる大変良好な気体圧力環境であり、そのため、マノメーター用の操作設備という環境下での使用が可能になっています。
デジタル圧力計等からなる各種圧力センサーとしての校正用標準機としても、世論からの信頼性には大変高いところが評価をされている製品でもあります。
2つ目は、500kPa以上ある気体圧力を測定していくタイプのものになります。
こちらのものの場合、従来の油圧式仕様のものとは異なる、20kPaから2千kPaまでの気体高圧の測定が可能になっている、測定範囲仕様に設計がなされているものですが、発生圧力の0.02%以上の確保が可能である精度の高さを誇る種類の製品です。

 3つ目は、今までお話をした気体高圧の測定を対象にした計測機器類のものとは異なり、負圧力の測定を行うタイプであるものについての内容になります。
こちらのものの場合、現在のところとしては、-10kPaから-100kPa前後までの測定範囲での計測作業が可能なものが存在していますが、これからも改良とかがなされていく上で、更なる現在の同バージョンを凌ぐ、最良の設計仕様であるものが開発・生産をされていくものと思われます。
デジタル圧力計等の各種圧力センサー仕様のものであり、精度も0.02%以上の高さがある点で、大変信頼をされている計測器種類の1つでもあります。
以上が、現在多く巷で普及してきているエアーピストンゲージ式重錘形圧力天秤の一般概要になりますが、まだまだ、更なる高性能な計測機器類が開発をされていく可能性があります。

カテゴリー