top > 圧力のJCSSについて > JCSSの圧力校正を行うメリットとは

JCSSの圧力校正を行うメリットとは

 JCSS校正という言葉は耳にするが、どのようなメリットがあるか分からず、校正サービスを利用することを躊躇している方もいるのではないでしょうか。
JCSSの圧力校正を受ける最大のメリットの1つは、その信頼性にあります。
一般的な圧力校正の場合は、校正を依頼する側と校正サービスを提供する会社との2者間の取引きとなります。
対して、JCSSの校正の場合は、依頼者・JCSS校正サービス提供会社・JCSSを所管する機構の3者間での構成となります。
公正中立な第3者である国の機関がかかわることによる信頼性は、2者間で行う校正に比べその中立性が担保され、対外的な信頼性も高くなります。
また、JCSSは圧力校正はもちろん、光や密度、振動加速度など様々な分野に対応しています。
こうした多くの分野に対応出来るJCSS校正を受けているという事も信頼性につながっていきます。

 また、先述の対外的な信頼感を国内企業などに与えられると同時に、海外の企業などに対しても通用するという事の証明にもなります。
JCSS校正は国際基準に国際標準にのっとった校正を行うので、JCSS校正を受けているという事は国際基準に適している圧力計などであるという事を示す証明にもなります。
また、不確かさがある圧力測定器などであるという事を明確に示せるという点もメリットと言えます。
ある程度の不確かさがあるという証明は、圧力を測定する機器に限らず、様々な測定器で重要になってきます。
その誤差等を明確にしておくと、測定データの管理などの際に役に立ちます。
機器などに何らかの問題が生じた時に、経緯を追いやすいという特徴もあります。
JCSS校正はトレーサビリティが確保されているため、問題が起きてしまった時から逆算して原因の追究がしやすいためです。

 他にも、海外から輸入した圧力測定器などのメリットを保ち続けられるという長所もあります。
海外で製造・販売されている製品の中には、日本国内で生産されたものには無い特徴や性能を持っている製品が数多くあります。
ただ、その製品の質を保つため、販売元の海外メーカーに製品をいちいち返送するのは時間とコストがかかります。
また、長時間の輸送で製品に傷が付いてしまったりしてそこから不具合を起こしてしまうというリスクもあります。
その点、国内で行えるJCSS圧力校正であれば、納期も短く済みますし、輸送リスクも軽減出来ます。
さらに、JCSS圧力校正サービスを行っている所には、出張校正や引取校正など便利なサービスを提供している所もあります。
研究やビジネスに穴を開けないという観点でも国内でJCSS圧力校正を受けることにはメリットがあります。

カテゴリー